ルビ、振り仮名(ふりがな)を、日本語文章(Webサイト(アプリ、ソフト))に振るYOMOYOMOを利用した子供やシニアや外国人向けポータルサイト(アプリ、ソフト)です。日本語教育日本語学習、音読学習や脳トレーナー、自習に便利です。テキスト音声合成技術で音声読み上げも可能です。文字クリックで、辞書引きも可能です。留学生支援(外人)、海外での教育に!ひらがな、ローマ字、カタカナ以外の多言語ルビや発音るびも特徴です。大学の留学生センターや日本語学校、旅行や観光案内、日本文化勉強や事典にも便利。形態素解析、言語郎の技術です。

外国人や子供向けフリガナ振りサービスYOMOYOMOの辞書引き機能


外国人や子供向けフリガナ振りサービスYOMOYOMOの辞書引き機能についてご紹介します。外国人や子供などが、最初に日本語を日本語学校や小学校、中学校、高校などで学ぶ場合には、辞書を引くことが多いと思います。辞書引きをしながら、色々な日本語の言葉を学習していきます。ここで問題になるのは、単語の切れ目が日本語では分かりにくいことです。日本語は、英語などの分かち書きされている言語とはことなり、単語と単語の切れ目に空白がありません。
このため、辞書を引くためには、単語が認識できる能力が必要になります。しかし、単語の切れ目は曖昧なことも多く、最初に日本語を学ぶ外人や子供達にとっては、容易なことではありません。YOMOYOMOでは、このような状況を踏まえ、なんとか簡単に辞書を引くシステムが作れないかと考えました。日本語漢字仮名混じり文章の文字をクリックしただけで、その文字が含まれる単語を自動的に認識して、その単語の表記を使って、辞書引きをするという方法です。
YOMOYOMOでは、単語を認識するために、日本語言語処理の分野で広く使われるようになっている形態素解析と呼ぶ技術を使っています。形態素解析は、単語を切り出す技術です。分かち書きされていない日本語文章に対して形態素解析を行うと、単語に分割することが可能です。YOMOYOMOで使用している形態素解析技術は、株式会社ズーが独自に開発した形態素解析エンジン「言語郎」を使用しています。