ルビ、振り仮名(ふりがな)を、日本語文章(Webサイト(アプリ、ソフト))に振るYOMOYOMOを利用した子供やシニアや外国人向けポータルサイト(アプリ、ソフト)です。日本語教育日本語学習、音読学習や脳トレーナー、自習に便利です。テキスト音声合成技術で音声読み上げも可能です。文字クリックで、辞書引きも可能です。留学生支援(外人)、海外での教育に!ひらがな、ローマ字、カタカナ以外の多言語ルビや発音るびも特徴です。大学の留学生センターや日本語学校、旅行や観光案内、日本文化勉強や事典にも便利。形態素解析、言語郎の技術です。

外国人向け振り仮名振り(ふりがな振り)サービスYOMOYOMOの日本語テキスト音声合成(日本語音声読み上げ)


日本語のための外国人向け振り仮名(ふりがな)振りサービスYOMOYOMOの音声合成の機能に関する特徴を説明します。パソコン本体にテキスト音声合成用ソフトのインストール不要で、日本語テキスト音声合成を実現したのは、おそらく世界初の技術だと思います。

【パソコンに専用音声合成ソフトなしでテキスト音声合成が可能】

これまでのホームページを音声で読み上げるためのText to Speech(テキスト音声合成)では、特別の読み上げソフトをパソコンにインストールするかツールバーをダウンロードするかの必要がありました。外国人向けルビ振りサービスYOMOYOMOでは、自分のパソコンに、専用の高価な音声合成用のソフトをインストールするすることなしで、任意の日本語のホームページ(日本語Webページ)を、人間の発声に近いなめらかなアクセントや、イントネーションつきの自然に近い音声で読み上げること(日本語音声読み上げ)が可能になっています。
日本語のテキスト音声合成では、日本語の解析のために形態素解析や構文解析を利用します。日本語は、英語などのように分かち書きされていないため、複雑な言語処理が必要です。このため、巨大な言語辞書も必要です。また、音声処理(音声発声)のための巨大な音声辞書(波形辞書)も必要です。さらに、合成された音声も膨大なデータ量になるため、パソコン上で音声合成作業を行う必要がありました。このように、扱うデータ量が巨大なシステムとなるため、自分のパソコンにソフトウェアをインストールする必要がありました。
外国人向けふりがな振りサービスYOMOYOMOでは、インターネット上にあるWebサーバ上にテキスト音声合成に必要なソフトウェアをサーバ上で実行することにより、今までの日本語テキスト音声合成のように難しいソフトのインストール作業や設定をすることなしで、任意の日本語漢字仮名混じり文章を、人間に近い自然な音声で読み上げることが可能になっています。

【アクセントについて】

Webサーバなどのホームページに記述されている日本語では、単独で単語が存在する場合と、単語が複数連続している場合では、アクセントの位置が変化します。これは専門用語では「アクセント結合」と呼んでいます。例えば、「音声」(お’んせー)と「合成」(ごーせー)と単独ではアクセントが付きます。しかし、この二つの単語が1つになると「音声合成」(おんせーご’ーせー)のように変化してしまいます。外国人向け振り仮名振りサービスYOMOYOMOでは、アクセント結合の仕方を、独自にルール化することにより、人間が発声するのに近いアクセントで音声合成することを可能にしました。日本語の場合、複雑に助詞が連続する場合が多いですが、YOMOYOMOでは、このように助詞が連続するような場合でも、自然に近いアクセントが付くようにルール化をしています。

【イントネーションについて】

人間が、普通に日本語の文章を音読する場合には、文節の係受けの情報を使って無意識に、息継ぎや休みを入れながら発声していると思われます。本システムでは、人間の自然な音声に近い音声合成を実現するため、日本語の漢字仮名混じり文章に対して、形態素解析(日本語文章の分かち書き化)と構文解析(係受け解析)を行います。そして、形態素解析から得られた品詞情報や、文節同士の係受けの情報を活用することによって、自然なイントネーションを実現しました。

【数字類の読みについて】

日本語では、数詞(数字と助数詞類)の読みは、非常に複雑です。例えば、1本(い’っぽん)を考えます。「1」は単独では「いち」ですが、後ろに「本」という助数詞が来ることで、「いっ」のようになってしまいます。さらに、2本(に’ほん)、3本(さ’んぼん)のように、「本」の読みも、前に来る数字の種類によって「ぽん」「ほん」「ぼん」のように変化してしまいます。このようなとても複雑な数詞の読みについても、独自にルール化を行いました。これによって、数詞についても、正確な読みやアクセントを実現しています。

【音声合成、ルビ振り、辞書引きが同時に可能】

外国人や子供向けの多言語文字ルビ振りサイト(アプリ、ソフト)YOMOYOMOでは、日本語Webサイト(アプリ、ソフト)に、(1)ルビ振り(2)テキスト音声合成(3)文字をクリックするだけの簡単辞書引きの3つの機能を同時に行うことが可能になっています。形態素解析や構文解析をWebサーバ上で瞬時に行うことで、これらの日本語学習に必要な機能を同時に瞬時に行うことが可能になっています。なおYOMOYOMOでは、形態素解析や構文解析技術は、株式会社ズーが開発した「言語郎」を使うことで実現しています。

【音読のための脳トレとしても】

日本語の音読は、脳トレとしても非常に良いということが脳研究からも分かってきているそうです。外国人が日本語を学習するためでなく、日本人の子供の脳トレや日本語学習や、大人の脳トレにとっても不可欠なサービスと言えると思います。脳トレは、今の日本では、大流行していますが、その脳トレの一つのとても便利なツールとしても、外国人向けふりがな(るび)振りサイト(アプリ、ソフト)YOMOYOMOは、活用して頂けると思います。